フロイト『モーセと一神教』


はじめに

 ユダヤの民をエジプトから救い出したモーセは、実はエジプト人だった!

 衝撃的な仮説から始まる本書は、フロイトが、自らの精神分析理論を人類の歴史に応用した、壮大な歴史解釈である。

 フロイトは言う。エジプトでほんの一時期花開いた一神教アートン教を受け継いだモーセは、自らの新天地を求めてユダヤの民をエジプトから連れ出した。

 しかしそのモーセの絶対的権力に反発したユダヤの人たちは、やがてモーセを暴力的に殺す。その後ユダヤ人たちは、移住した先のカデシュの地において、土着の宗教を受け入れていく。

 しかしその後、突如としてユダヤ教は再び強烈な一神教へと変貌する。

 それは一体なぜだったのか。

 フロイトによれば、それは精神分析の言う「抑圧されたものの回帰」である。

 モーセという「原父」を殺した記憶が、民族の歴史の中で、潜伏期を経た後回帰した。そしてそのことが、原父モーセの唱えた一神教を、さらに強烈に信仰せしめる理由となった。

 以上がフロイトのユダヤ教の歴史解釈だが、今日この突拍子もない説は、歴史学によって、史実とまったく相容れないと一笑に付されている。

 実際、本書において上記解釈を「論証」しようとするフロイトの筆は、ファンタジー創作としては超一流だが、すべてが想像の域を出ておらず、ほとんど実証がなされていない。というより、彼にとって都合のいい話だけが、つぎはぎされているという印象を拭えない。

 われわれは、そのあまりに見事な想像力に引っ張られ、思わずフロイトの言っていることを信じそうになるのだが、しかしよくよく考えてみると、やはり彼の理論はどこまでも「想像」であって、歴史学者が一笑に付すのも致し方ない。

 フロイトの他のページでも書いたが、彼のその類まれなる人間洞察の才能には圧倒的なものがあるが、その理論は、ほとんどすべてが実証不可能な「物語」となっている。人間精神についても歴史についても、何らかの物語に回収し尽くそうとするフロイトの執念は、ほとんど病的とさえ言えるほどだ。(それがまた天才のなせる業であるとも言えるだろうが。)

 フロイトから得るべきものはいまだ多いと私は考えている。しかし本書に関しては、これが、まさにナチスによるユダヤ人迫害の波が迫り来る中、ユダヤ人としてのフロイトが命を削るようにして書いた本であったとはいえ、精神分析創始者のファンタジーここに極まれりと言わざるを得ない、想像力の賜物と言うほかないだろう。


1.モーセ、ひとりのエジプト人

 冒頭、フロイトはまず驚くべき仮説を提示する。

 モーセは、実はユダヤ人ではなくエジプト人だった!

 ユダヤの民をエジプトから救い出した男は、実はユダヤの同胞ではなく、エジプト人だったと言うのだ。

 その証拠を、フロイトはモーセという名がエジプトの名前であることや、モーセにまつわる伝承の読解を通して挙げていく。

「モーセはひとりの――おそらくは高貴な――エジプト人であり、伝説によってユダヤ人へと変造されるべく運命づけられていた、という経緯が一気に明瞭になってくる。これがわれわれの結論だと言ってもよかろう!」


2.エジプトの一神教

 フロイトは続ける。実はモーセの一神教には、先立つものがあった、と。それは、エジプトに人類史上初めて起こった、イクナートンの創始した一神教アートン教である。

 イクナートンは、もと名前をアメンホーテプという、紀元前1375年頃に即位したエジプトのファラオである。

 最高権力に上り詰めたアメンホーテプは、エジプトの多神教を、自らの絶対権力を象徴するにふさわしい一神教へと改めた。

 しかしその横暴な統治のゆえに、結局彼の死後、人々はアートン教をあっという間に葬り去った。

 しかしフロイトは言う。その一神教の精神は、モーセへと継承されたのだ、と。

ここまでくれば、われわれは、思い切って結論を下してもよかろう。もしもモセがひとりのエジプト人であったならば、そして、もしも彼がユダヤ人に彼自身の宗教を伝えたとするならば、それはイクナートンの宗教、すなわちアトン教であった、と。

 しかしモーセの居場所は、すでにエジプトにはなかった。彼には新天地が必要だった。フロイトは言う。

ファラオの側近として、彼は新たな宗教の心底からの信奉者であり、その根本思想を完全に体得していた。しかし王の死と反動勢力の復活とともに彼は彼の希望と将来への展望がことごとく崩れ去るのを目の当たりにすることになった。彼がかけがえのない信念を捨て去ろうとしなかった以上、エジプトは彼に何ひとつ与えるべきものを持たなくなったわけであり、彼は祖国を失うことになった。この危機的状況のなかで彼は途方もない打開策を見出した。夢想家イクナトンは民族の心から離反してしまい、その世界帝国を崩壊させてしまったが、モセの精力的な本性は、新たな王国を打ち建て、新たな民族を見出し、エジプトから排除された宗教をその新たな民族に信仰させようとする計画へと向かうにふさわしいものだった。」



3.モーセの殺害

 さて、こうしてユダヤの民をエジプトから救い出したモーセだが、やがて彼は、このユダヤの民たちから殺されることになった!フロイトはそのような驚くべき仮説をまたも提示する。

 これは、もともとはEd・ゼリンという歴史家によって述べられた仮説である。

 ユダヤ人たちは、モーセという絶対権力者に従い続けることができなかった。人々はついに、モーセを暴力的に殺害した。ゼリンにならって、フロイトはそのように言う。

 そしてさらにフロイトは、Ed・マイヤーの説にしたがって、ユダヤ人たちがその後、パレスティナとシナイ半島とアラビアのあいだにある地域の土着民たちと融合し、ここで、火の神ヤハウェを信仰するに至ったと言う。

 ヤハウェとは、言うまでもなくユダヤ教、そしてキリスト教の唯一神のことだが、フロイトによれば、もともとヤハウェとは、土着宗教における火の神にすぎなかった。

 しかしこのヤハウェが、その後、モーセの唱えた一神教と再び融合し、唯一神ヤハウェとして君臨することになる。そして、モーセの教えを長い間忘れ去っていたユダヤ人たちは、再び、類まれなる熱狂をもって、モーセ教を信仰することになったのである。

 それはいったい、なぜだったのか。


4.潜伏期

 ここでフロイトは、きわめてアクロバティックな類推を展開する。

 人類の歴史もまた、一個人の精神史と同じように、潜伏期をもっている。そうフロイトは言うのだ。

 フロイトによれば、5歳くらいまでの間に受けた心的外傷は、その後潜伏期を迎えて無意識(エス)の中に抑圧される。しかしその後またある時を境に、この抑圧され記憶から消えていたはずの心的外傷が、何らかの形でよみがえってくる。

 反復強迫恐怖症などがそうである。

 たとえば幼児期に性愛の対象とされてしまった少女は、その傷を一時期無意識に追いやるが、大人になってから、再び、自分をそのような性愛対象として男の前に差し出そうとし続けることがある。これが反復強迫だ。つらかった思いを、何度もあえて繰り返そうとしてしまうのだ。


5.「抑圧されたものの回帰」とユダヤ人迫害の理由

 そしてフロイトは、ユダヤ教の強靭な唯一神信仰の奥底に、これと似たような「抑圧されたものの回帰」をみる。

一神教の理念がほかならぬユダヤ民族に対しこれほどまでに深い印象を与え、ユダヤ民族によってこれほどまでに強靭な力で保持されえたのはどうしてなのか、これは努力して理解するだけの価値のある問いだろう。そしてこの問いには答えることができると私は思っている。運命が、太古における偉業にして凶行たる父親殺害をユダヤ民族にとって身近なものにし、父親殺害をモセという聳え立つ父親像を持つ人物に則して反復すべく誘ったからである。

 ユダヤ人たちは、父親たるモーセを殺してしまった。その記憶は、ユダヤ人たちの間に代々受け継がれながらも、記憶の彼方に潜伏していく。しかし潜伏期を終えると、人は抑圧されたものの回帰を再び経験するのだ。

 「原父殺し」。これが、ユダヤ人たちが経験し、そしてその後抑圧したものである。

 そしてフロイトは言う。これはユダヤ人だけの問題ではない。人間は、そもそも太古において「原父殺し」を経験し、そしてそのことを、独特の仕方で皆知っているのだと。

「私は一片の疑念も持たずに言明する。人間は、彼らがかつてひとりの原父をもち、そしてその原父を打ち殺してしまったということを――独特のかたちで――常に知っていたのだ、と。」

 ここまで来ると、おそるべきファンタジー創作力と言うほかないようにも思えるが、フロイトはさらに続けて、ここに、ユダヤ人が迫害され続ける理由もあるのだと力説する。

 イエスの十字架もまた、いわばこの原父殺しの回帰である。そうフロイトは言う。そして、キリスト教を真の意味で世界宗教へと飛躍させたパウロは、ここに、人類の救済という壮絶な物語を付け足した。

「パウロという男が、この真理の一片を、罪を贖うべくわれわれのなかのひとりの男がその命を犠牲として供したゆえわれわれはあらゆる罪から救済された、という妄想めいた福音という偽装されたかたちでしか理解できなかったのは大変よくわかる話だ。」

 イエスは十字架で殺されたが、そのことによって、人々の罪は許された。キリスト教はそのように教える。われわれは、キリストを殺してしまったことを知っている。そして、そのことによって、われわれが救われたのだということも。キリスト教はそのように言う。

 これが、ユダヤ人迫害の心性である。そうフロイトは言う。

「わかりやすく言えば、この非難はつぎのようになるだろう。お前たちは、お前たちが神を殺してしまったことを認めようとしないが、われわれはそれを認め、この罪を浄化されているのだ、と。」


 こうしてフロイトは、ユダヤ教の強烈な一神教は、かつて一神教を唱えたモーセを殺してしまったということが、抑圧された後に再び回帰したことに由来すると言う。

 そして、この原父殺しをユダヤ人が認めていないという点に、同じく原父殺しを経験してきた人々の、ユダヤ人迫害の理由を見出すのである。


(苫野一徳)



Copyright(C) 2012 TOMANO Ittoku  All rights reserved.





『孟子』

はじめに

 「孔孟の教え」と言われるほどに、儒教において、孟子の思想は孔子に次いで重要であるとされている。

 しかし、その孟子の言行録である本書には、孔子の言行録『論語』とはずいぶん違った印象を抱かざるを得ない。

 『論語』を読むと、その思想に共感するかどうかは別にして、孔子がきわめて多くの人々から敬愛された人格者であったことがうかがえる。(『論語』のページ参照)

 他方『孟子』を読むと、孟子は、人格者であるどころか、弟子たちからの疑義にへ理屈をこねたり、とにかく論敵を論破してやろうともくろんだり、人に嫌味や皮肉をしょっちゅう投げかける、かなり性格の悪い人であったような印象を受ける。

 そしてまた、孟子は、孔子の思想をかなり杓子定規なものに歪曲してしまったようにも私には思われる。

 儒教の創始者孔子の思想は、臨機応変、かなり柔軟なものであったように私には思えるが、孟子は、この孔子の思想を、まるで教条化してしまったかのようである。

 そして、を説く孔子がその思想にふさわしい人格者であったのに対して、孟子は、言っていることとやっていることに、ずいぶんと懸隔がある。

 実際、孟子は儒教においても、長い間小物と見なされてきた節があるらしい。それが長い歴史を通して少しずつ儒教の重要書物へと昇格したのには、その背景に、おそらく為政者の人民統治への関心があったからだろう。忠君を説く孔孟の思想は、実際為政者にとっては「使える」思想であったと言っていい。


1.王道、覇道

 王道覇道は、孟子の思想における最も有名なものの1つである。

 王道とは、仁義による徳治のこと、覇道とは、武力による統治のことである。孟子は言うまでもなく、王道をこそ説く。孟子は言う。

「〔国を治めるのに〕大事なのは、ただ仁義だけです。もしも、王様はどうしたら自分の国に利益になるのか、大夫は大夫でどうしたら自分の家に利益になるのか、役人や庶民もまたどうしたら向分の身に利益になるのかとばかりいって、上のものも下のものも、だれもが利益を貪りとることだけしか考えなければ、国家は必ず滅亡してしまいましょう。」

 ここで、有名な「五十歩百歩」の話が登場する。
 
「王様は戦争がお好きでいらっしゃるから、ひとつ戦争でたとえて申してみましょう。ドンドンと進軍の陣太鼓がいさましく鳴りひびき、敵味方刀で斬りあいがはじまった〔大事な〕ときに、鎧を脱ぎすて〔矛などの〕武器まで投げすてて逃げだしたものがいました。百歩逃げたものもあれば、五十歩逃げてふみとどまったものもあります。五十歩しか逃げなかったものが、百歩逃げたものを『この臆病者め』と笑ったら、いかがなものでございましょう。」〔王はいわれた〕「それはいかん。ただ百歩逃げなかっただけだ。逃げたことにはかわりはない。」

「ところが、今〔王様〕の政治は、ご自分の犬や豚には人間の食べものを鱈ふく食わせながら、これを米倉に収め貯えようともなさらない。路ばたに餓死者がころがっていても、米倉を開いて救おうともなさらない。人民が餓死しても、只いたずらに手を束ねて『わしの〔政治の悪い〕せいではない。凶作のせいでねえ』とすましていらっしるが、これは人を刺し殺しておきながら、『わしが殺したのじゃない。この刃物のせいだよ』と白白しくいうのと、なもし、王様が歳に罪をきせたりせず、ご自分の政治が悪いからだとハッキリ責任をご自覚なさいましたら、〔隣国どころか〕天下の人民は必ず王様の徳を慕って、お国にむらがり集ってくることでしょう。」

 人民が貧困に苦しんでいるのに、王が、それはわしのせいじゃないなどと言い張るのは、まさに「五十歩百歩」の話にも似た愚行である。そう孟子は言うわけだ。


2.惻隠の情


 孟子の最も有名な思想と言えば、性善説、そしてそれを裏付ける、惻隠の情」についてだろう。

 惻隠の情とは、苦しんでいる人、困っている人を見た時、私たちが思わず憐れみや助けたいという思いなどを抱いてしまう、その感情のことだ。それを孟子は、井戸に落ちそうになっている子どもの例を挙げて次のように言う。

「たとえば、ヨチヨチ歩く幼な子が今にも井戸に落ちこみそうなのを見かければ、誰しも思わず知らずハタとしてかけつけて助けようとする。これは可愛想だ、助けてやろうと〔の一念から〕とっさにすることで、もちろんこれ(助けたこと)を縁故にその子の親と近づきになろうとか、村人や友達からほめてもらおうとかのためではなく、また、見殺しにしたら非難されるからと恐れてのためでもない。してみれば、あわれみの心がないものは、人間ではない。」
 

3.孟子の人柄

 以上のように、思想としてはかなり立派なことを言っている孟子なのだが、先述したように、私には、彼の態度がその思想にどうもそぐわないように思えてならない。

 たとえば、弟子に次のような疑問を呈されたというエピソードがある。

「先生は〔失礼ですが、一介の処土なのに〕うしろには何十台という車をつらね、何百人というたくさんの従者を引きつれて、時間侯の国々をつぎからつぎへと禄を食んで渡り歩かれるのは、余りに分に過ぎた奢りではありますまいか。」

 これに対して孟子は言う。もし道を教える君子が衣食に不自由せねばならないのだとしたら、それは「仁義の大道を行なう君子を、どうみても軽んじることになる」ではないか、と。


 言っていることは至極もっともだが、その言い方に、何となく自己弁護的なものを感じてしまう。孔子であれば、そのような言い方はしなかっただろう。

 あるいは、孟子にとって墨子は論敵だったが、この墨子について、彼は次のようにさえ言っている。

「私だけにかぎらず、誰でも言論をもって、楊朱・墨子の邪説を排撃するものはすべて聖人の仲間なのである。」

 多くの弟子から疑義を呈されているところをみても、孟子が人々からの尊敬を集める人格者であったとはとても思えない。

 また、先述したように、私の考えでは孟子は孔子の思想を教条化してしまった面があるが、それはたとえば、親孝行についての彼の言葉に見ることができる。

「親不孝におよそ三つの種類がある。なかでも、妻をめとらず後つぎの子がなくて、祖先の祭をたやしてしまうのが、一番の不孝である。」

 いかにも儒教道徳らしい一文だが、同じく孝行を説いた孔子には、これほどの教条主義的思想はなかったように私には思われる。


4.その他名言

 とは言え、『孟子』には、今読んでもはっとさせられるような名言もまた多い。最後にいくつか紹介しておこう。

「人を愛しても相手から親しまれない時には、〔人を怨まずに〕自分の仁愛の心が足りないからではないかと反省するがよい。」

「およそ至誠をつくして天下に感動させることのできないものはないし、また、至誠でなくうそいつわりで人をよく感動させることのできるものは決してないのである。」

「仁義礼智の四つの徳は、自分の心を外から鍍金して飾りたてたもの(いわゆる付け焼刃)ではなく、もともと自分の心に持っているものである。ただ、これを人々はボンヤリしていて自覚しないだけのことだ。」



(苫野一徳)



Copyright(C) 2012 TOMANO Ittoku  All rights reserved.